烏骨鶏は万病予防の漢方薬

烏骨鶏は中国・江西省の原産で、インドから中国まで広く生息し、薬用鳥として古来から、万病予防の漢方薬として愛用されてきました。
メラニン色素の沈着が多く、顔面をはじめとするすべての皮膚、筋、内臓、さらには骨までもが、その名の通りカラスのような里紫色の特徴をしています。


肉にはコラーゲンが多量に含まれており、皮下脂肪が殆どありません。
一般的に滋養強壮、疲労・精力回復、抗ストレス、血糖下降作用を持つほか、成人病、高血圧、脳血栓、風邪、肩こりなどの症状改善に効果があるといわれています。


力ルシタム、鉄、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンE も豊富に含まれ、卵には不飽和脂肪酸のIPA(EPA) DHAを含んでいることが特徴で、これらの作用により、血液の循環をよくして、生活習慣病を予防し、脳細胞をはじめ、全身の細胞組織の活性化に働きかけます。


卵黄は張りのある鮮やかな黄色で、肝臓の機能を促進するメチオニン、レシチンなどを含み、血液の浄化作用を持つと言われています。本来、アレルギーのもとにもなる卵類ですが、烏骨鶏卵を食べて逆にアレルギー症状が緩和したという報告もあるようです。


烏骨鶏は、飼育数や流通量が少なく、食材としては入手され難いのですが、韓国料理では参鶏湯 (サムゲタン)の材料として使用しているところもあり、高麗人参との相性もよく、人気料理となっています。
最近は卵を使った菓子も話題になって、効能が注目されています。


卵を殻ごと醸造酢に漬け込んだ 「酢卵」も、健康にいいと言われ昔から親しまれています。ほかにも、卵黄油や皮、骨など烏骨鶏の全体を余すところなく原料とし、液体、粒剤、カプセルなビ、さまざまな形態のサプリメントとしても販売されています。

市販されているサプリメントには、摂取量については特に定められていない事が多いのですが、補助栄養素という事から、各製品に表示されている目安量などを守る事が大切でしょう。



烏骨鶏の卵烏骨鶏の卵・・・・・・・【送料無料】ひのみ野鳥園烏骨鶏の卵 10個セット【有精卵】お一人様1セットまで



ホームページ1

ホームページ2


動画パソコン教室 烏骨鶏は万病予防の漢方薬